1. HOME
  2. ぎきょく
  3. 中村ケンシ/かえりみちの木
ぎきょく

中村ケンシ/かえりみちの木

ぎきょく

9

分類:演劇

作家名:中村ケンシ

作品名:かえりみちの木

上演年:2018

作品概要:村のほぼ中央に大樹は立っている。その枝は空を覆うように両手を広げ、その太い幹の表面は苔むしており、大樹の悠久の時をにじませている。その場所に人々が集う。観光客に巨木の歴史を語る中年の男。一人で巨木を見上げる女。逃げてきた女。都会で行き詰まった男。天然酵母のパン屋を営む男とその妻。天然酵母のパン屋の夫婦。保護犬猫施設で働く女。精神病患者の施設で共同生活を送る男。ソーシャルワーカー。大樹の下では時間は緩やかに流れている。そこで人々は様々なことを想うのであろう。過去を振り返り、未来を想像し、現在を受け入れる。大樹はただそこに立っている。人々を見つめている。ある年の冬の終わりから春の初めにかけての物語。

戯曲デジタルアーカイブで見る