1. HOME
  2. ぎきょく
  3. 稲田真理/滲む山
ぎきょく

稲田真理/滲む山

ぎきょく

3

分類:演劇

作家名:稲田真理

作品名:滲む山

上演年:2018

作品概要:故郷から遠く離れた場所に住む美紗。ある朝、高速バスで故郷に戻って来る。西日本全域大雨災害で被害をうけた、寂れた海端の町。同級生が住む実家の寺には、自分を娘のように育ててくれた祖父の眠る墓がある。美紗の同級生が四人、朝の寺の境内に偶然居合わすこととなる。寺の娘・翔子、妊活を行い、ようやく子供を授かったばかりの国勝・彩香。筏釣りを営む浩之。理由も分からないまま、びしょ濡れとなる美紗、翔子、国勝、彩香。原因である浩之は、ポリタンクとバケツを持って、寺の坂道を走り降りて行く。受け入れるという行為が、何に対して受け入れることなのか、四人は無意識でいる。山から見る朝焼け。山から見る夕焼け。山から見る月の光。取りこぼしたくない風景や日常がそこにあり、生滅がある。夜の境内で、美紗、翔子、浩之はゴンズイを弔う。ゴンズイを焼く煙は、狼煙となって、海や山への鎮魂となるのかもしれない。

戯曲デジタルアーカイブで見る