1. HOME
  2. ぎきょく
  3. 前川知大/散歩する侵略者
ぎきょく

前川知大/散歩する侵略者

ぎきょく

8

分類:演劇

作家名:前川知大

作品名:散歩する侵略者

上演年:2005

作品概要:小さな港町金輪町。加瀬真治は三日間の行方不明の後、別人格となって発見された。医師の診断は脳の障害。それまでの結婚生活が上手くいってなかった鳴海は、生まれ変わったような真治の世話に密かな充実感を得る。同じ時期、田舎町に似合わない凄惨な事件が起きる。老婆が家族を惨殺し自殺するという事件で、一人生き残った孫娘も神経衰弱状態だという。その後、町に奇病が流行り出す。ある特定の概念を失い、それについて理解できなくなるというもので、それは真治の症状とも似ていた。医師の車田は頭を悩ませる。政治的な関心からこの町を取材していた桜井は、天野という自称宇宙人の奇妙な少年に出会う。彼は例の殺人事件に興味を示す。生き残りの娘、立花あきらは自分の仲間だというのだ。加瀬真治は仕事も辞め、毎日ぶらぶらと散歩するばかり。しかし脳の障害は明らかに快方に向かっている。そしてある日、真治は鳴海に告白する。自分は宇宙人であると。白する。自分は宇宙人であると。

戯曲デジタルアーカイブで見る