1. HOME
  2. ぎきょく
  3. 四方田直樹/月暈とメスシリンダ
ぎきょく

四方田直樹/月暈とメスシリンダ

ぎきょく

18

分類:演劇

作家名:四方田直樹

作品名:月暈とメスシリンダ

上演年:2015

作品概要:30歳をすぎた歳になった平良ツグオ(たいらつぐお)は東京で一人暮らをしていたが、実家で暮らす兄の和夫(かずお)から、母親に腫瘍が見つかり放射線治療のためしばらく通院するという知らせをうけ、思うところもあり仕事を辞め、住んでいた部屋を引き払い実家のある故郷に帰ってきた。 ツグオの実家は駄菓子の二次菓子問屋で、ベテランの事務員が退職するため後任として働いているという、橘真澄(たちばなますみ)には水や空気の容量を当てるという少し不思議な特技があると言う。そして、本当か嘘かはわからないが(本人曰くほぼ間違いないらしいが)「一生のうちに飲むビールの量」のようなものもわかってしまうのだと言う。 月にかかる暈(かさ)を見て今は降っていない明日の雨を心配するような、漠然とした不安に身動きがとれなくなった男がメスシリンダーのような女性と会い、また動き出すまでの半年ほどの物語。

戯曲デジタルアーカイブで見る