1. HOME
  2. ぎきょく
  3. 高橋郁子/朗読キネマ『潮騒の祈り』
ぎきょく

高橋郁子/朗読キネマ『潮騒の祈り』

ぎきょく

8

分類:演劇

作家名:高橋郁子

作品名:朗読キネマ『潮騒の祈り』

上演年:2011

作品概要:「わたしが孕んだのは、愛それとも憎しみかーー」 母と娘、海と命の物語。 本作は主宰・高橋郁子のオリジナル作。12月の満月が土日にかかる年に本公演を繰り返していくidenshi195の軸を成す作品である。  主人公の綾子は身篭った子を、一度は決意した堕胎を実行することができず、捨てたはずの母を頼り、実家に戻ってくる。はじめは反対していた母、和江は、自らも反対を押し切って産んだ経験から、出産を許す。表向きは穏やかな暮らしが始まる。しかし、月齢が進むにつれ綾子に異変が起きる。 母に対して抱えたままの捻れた感情が、胎児と自分を同化させ、また自分と母を同化させていく。混乱の境地でぶつかり合う母娘の想いとはーー。

戯曲デジタルアーカイブで見る