1. HOME
  2. えいぞう
  3. 維新派/台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき
えいぞう

維新派/台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき

えいぞう

25

分野:演劇

                 

上演団体:維新派

http://www.ishinha.com/

作品名:台湾の、灰色の牛が背のびをしたとき

上演年:2010

作品概要:【Story】 多くの島が広がるアジアの海、多島海。その南の海から、島づたいに日本にたどり着く道を、「海の道」と呼びます。 それらの島々を舞台にして、日本から東南アジアへ渡った人々、アジアから日本へ渡ってきた人々にまつわる様々な逸話をもとに、「20世紀の海の道」を描きます。 【Note】 〈彼〉と旅をする20世紀三部作の最終章となったアジア篇は、維新派史上最大の野外劇場にて上演。 劇場や舞台セットだけではなく、客席へとつながるゆるやかな長い坂道のアプローチも作ることで、全長100m以上、丸太4000本を使った、造形的な野外劇場が、瀬戸内海の犬島に出現した。『カンカラ』以来8年ぶりとなる犬島での公演は、島から島へ、島づたいに続いていく海の道を経て、アジアの多島海へ連なるイメージを作り上げた。

Japan Digital Theater Archives(JDTA)掲載