1. HOME
  2. えいぞう
  3. 飴屋法水/転校生
えいぞう

飴屋法水/転校生

えいぞう

35

分野:演劇

                 

上演団体:飴屋法水

作品名:転校生

上演年:2009

作品概要:ひな壇状の空間。縄跳びやダンスなど女子高生たちが思い思いに遊び、そこに時報音、胎児の超音波画像、鳥のさえずりなどが重なっていく。平田オリザの戯曲「転校生」を、マルチクリエイター・飴屋法水は、「本物の女子高生を演者にする」リアルと、「時空を超越した空間で演じる」フィクションの両面から立ち上げた。女子高生の日常に風穴を開けるのは、転校生を名乗る初老の女性。他愛もないお喋りの合間に、社会の不平等と不条理、生命の始まりと終わりを示すイメージが挟まれ、彼女たちの日常は次第に不安定な様相を呈する。だが、ラストに並んで手を繋ぎ、「せーの」の掛け声と共に飛び跳ねる女子高生の肉体と、その振動によって、舞台は再び強いリアルを取り戻すのだ。もし明日が来なくとも、今は確かに生きている。その痛いほどの切なさと愛おしさが、彼女たちの跳躍からあふれ出す。(F/T09:Documentsより転載)

Japan Digital Theater Archives(JDTA)掲載