1. HOME
  2. えいぞう
  3. 小泉明郎/縛られたプロメテウス
えいぞう

小泉明郎/縛られたプロメテウス

えいぞう

7

分野:演劇

                 

上演団体:小泉明郎

作品名:縛られたプロメテウス

上演年:2019

作品概要:小泉は、あいちトリエンナーレからの委嘱を受け、アイスキュロス作のギリシャ悲劇『縛られたプロメテウス』を出発点に、VR技術を使った初の本格的演劇作品を制作した。未来を予見する能力をもちつつも、ゼウスから火を盗み、人間に与えた罪で永劫の苦しみに苛まれるプロメテウス。矛盾した存在であるプロメテウスは、人間の身体がもつ有限性と、それを乗り越えようとするテクノロジーの緊張関係として捉えることができる。 VRのヘッドマウントディスプレイを装着した観客は、何もない空間の中を自由に歩き回りながら、自分とは異なる身体的条件に生きる他者の感覚や感情、その絶望と希望を全身で追体験することになる。そこで私たちが経験するのは、人間が身体を超越して存在し続けるユートピアなのか、それとも生命の本質が失われたディストピアなのだろうか? (あいちトリエンナーレ2019カタログより転載)

Japan Digital Theater Archives(JDTA)掲載

     

     

クレジット:©Aichi Triennale Organizing Committee (Photo)Shun Sato