1. HOME
  2. えいぞう
  3. SPAC-静岡県舞台芸術センター/ペール・ギュント
えいぞう

SPAC-静岡県舞台芸術センター/ペール・ギュント

えいぞう

21

分野:演劇

                 

上演団体:SPAC-静岡県舞台芸術センター

https://spac.or.jp/

作品名:ペール・ギュント

上演年:2010

作品概要:宮城聰の演出による波乱万丈の一大叙事詩 片田舎の村から飛び出してモロッコ、エジプトへ、やがて貿易商として世界中を駆け回る……ノルウェー民話を素材とするこの荒唐無稽な物語が書かれたのは、ちょうど日本が明治維新の頃です。ここから宮城は主人公ペールと明治期の日本を重ねあわせ、『ペール・ギュント』を「日本」という国のアイデンティティの話へと読み替えました。舞台に散りばめられた日本的な意匠の数々――。約150年前、遠い北欧の地で創られた一大叙事詩が、宮城聰の斬新な演出によって、日本という国家を描いた物語として鮮やかに生まれ変わりました。 壮大な音楽と巧みな仕掛けの舞台装置 イベロアメリカ国際演劇祭からの凱旋上演 この作品は、出演者たちによる大編成の打楽器演奏が全編に繰り広げられる、宮城聰の「祝祭音楽劇」です。近年の宮城作品では欠かせない存在となっている、棚川寛子の壮大で胸躍る音楽が、破天荒なペールの一生を彩ります。そしてもう一つの特徴が、「すごろく」をモチーフにして創られた舞台装置。次々と繰り出される驚きの仕掛けは、観客の視線を舞台へ釘付けにします。なおこの作品は、世界三大演劇祭のひとつとも言われるコロンビアの「イベロアメリカ国際演劇祭」から招待を受け3月に上演、今回はその凱旋公演となります。

Japan Digital Theater Archives(JDTA)掲載