1. HOME
  2. えいぞう
  3. キョードー東京/ブロードウェイミュージカル「シカゴ」宝塚歌劇OGバージョン
えいぞう

キョードー東京/ブロードウェイミュージカル「シカゴ」宝塚歌劇OGバージョン

えいぞう

156

分野:演劇

                 

上演団体:キョードー東京

https://www.kyodotokyo.com

作品名:ブロードウェイミュージカル「シカゴ」宝塚歌劇OGバージョン

上演年:2016

作品概要:トニー賞®最優秀リバイバル・ミュージカル作品賞に輝き、アメリカ作品としてはブロードウェイ史上1位のロングラン記録を更新し続けているミュージカル『シカゴ』。何でもあり<All That Jazz>な富と名声の物語、素晴らしい楽曲、そしてスタイリッシュでセクシーなダンスが楽しめるこのミュージカルは、ブロードウェイミュージカルの代名詞です。 宝塚歌劇OGバージョンは、宝塚歌劇100周年を祝して2014年11月に上演され、ミュージカルの聖地ブロードウェイでも「最もセクシーなミュージカル」と称される『シカゴ』と、宝塚歌劇団の卒業生(OG)たちのパフォーマンスによる良質な化学反応に溢れた公演は、批評家からも絶賛されました。 そして2016年にはその評判と公演を手がけたクリエイティブ・チームからの手応えを聞きつけたリンカーン・センター・フェスティバル実行委員会によって、ニューヨーク(デヴィッド・H・コーク・シアター)での上演が実現。ワールドツアーとして、神奈川芸術劇場、ニューヨーク(デヴィッド・H・コーク・シアター)、東京国際フォーラムホールC、梅田芸術劇場メインホールで上演され、ビリー・フリン役を峰さを理、麻路さき、姿月あさとが、ヴェルマ・ケリー役を和央ようか、湖月わたる、水夏希がそれぞれトリプルキャストで演じ、ロキシー・ハート役を朝海ひかると大和悠河がWキャストで務めました。

Japan Digital Theater Archives(JDTA)掲載