1. HOME
  2. えいぞう
  3. 世田谷パブリックシアター/現代能楽集Ⅵ 『奇ッ怪 其ノ弐』
えいぞう

世田谷パブリックシアター/現代能楽集Ⅵ 『奇ッ怪 其ノ弐』

えいぞう

37

分野:演劇

                 

上演団体:世田谷パブリックシアター

作品名:現代能楽集Ⅵ 『奇ッ怪 其ノ弐』

上演年:2011

作品概要:集落の神社に、神主の家族である矢口が訪れる。 矢口はそこで、社に住みつく山田という男に出会う。 そこに村の再開発を計画する業者の橋本と、 その為の調査を請け負った地質学者の曽我が現れる。 山田も橋本も、かつての神主である矢口の父親を知っていた。 ガスの流れに足止めされた三人に、山田は物語を語り始める。 社の周りには、口を利かない浮浪者の様な者がうろついていた。 彼らは自らの死を自覚できない亡霊ではないかと、山田は話す。 矢口が故郷に戻ってきたのは、最近父親の霊を見るからで、その意味を知りたがっていた。 亡霊のうろつく廃墟と化した故郷を前に、 矢口は山田の語る物語を聞きながら、自分のすべきことを考える。

Japan Digital Theater Archives(JDTA)掲載