1. HOME
  2. えいぞう
  3. DUMBTYPE/pH
えいぞう

DUMBTYPE/pH

えいぞう

67

分野:舞踊

                 

上演団体:DUMBTYPE

http://dumbtype.com

作品名:pH

上演年:1990

作品概要:“pH”とは、物質の酸性/アルカリ性の度合を示す用語。パフォーマンスは二項対立の図式にそって13のphases ー 問い/答え、イメージ/言葉、事実/虚構、拡張/圧縮、公/私、現実/非現実、攻撃/防御、緊張/弛緩、生産/再生産、男/女、外/内、そして最後に第一場と最終場に共通する開始/終焉/再開 ー から構成されている。細長いパフォーマンス・エリアの両側2階の客席から観客は舞台を覗き込むように見下ろす。上下に設置された2機のコンピューター制御されたトラス(バー)が舞台の端から端へと移動し、常時パフォーマーの動きを制限する。上方のトラスには、6台のスライド・プロジェクターが配置され、パフォーマーを監視・追跡し、あるいは、誘発・誘導する様々なイメージを床面に投射する。下方のトラスは床から45cmの高さに設置され、パフォーマンス・エリアを横切るように移動し、パフォーマーは床に横たわってトラスをやり過ごすか、飛び越えなければならない。“pH”のコンセプトのもと、インスタレーションや印刷物、ビデオなど、複数のメディアで展開された。

Japan Digital Theater Archives(JDTA)掲載