1. HOME
  2. えいぞう
  3. ナイロン100℃/ゴドーは待たれながら
えいぞう

ナイロン100℃/ゴドーは待たれながら

えいぞう

111

分野:演劇

                 

上演団体:ナイロン100℃

https://sillywalk.com/nylon/index.html

作品名:ゴドーは待たれながら

上演年:2013

作品概要:サミュエル・ベケットの20世紀を代表する戯曲「ゴドーを待ちながら」を下敷きに、待たれている男の一人芝居を描いた、いとうせいこうの92年の傑作「ゴドーは待たれながら」。KERAが10年以上にわたり大倉を口説き、この伝説の舞台が蘇りました。 本作品にゴドー以外の人物として唯一登場する「声」役は、芸劇の芸術監督でもある野田秀樹。 いとう×KERA×大倉×野田の最強の布陣でお届けするナイロン100℃結成20周年記念企画第二弾。 『ゴドーは待ちながら』では、二人の男が正体不明のゴドーを待っている。『ゴドーは待たれながら』では、ゴドーは何者かに待たれている。だが、ゴドーは誰が、何時、何処で、自分を待っているのかを知らない。そもそも、今いる場所が何処なのか、今日が何曜日なのかもゴドーは知らない。「縛られているのか?知らせを待って?…待たれているのは俺だというのに?」“誰かに待たれているはず”のゴドーは、今日もただ自問自答を繰り返す──

Japan Digital Theater Archives(JDTA)掲載

     

配信可能作品

配信プラットフォーム:未定