1. HOME
  2. えいぞう
  3. 一跡二跳/声しか見えない
えいぞう

一跡二跳/声しか見えない

えいぞう

8

分野:演劇

                 

上演団体:一跡二跳

作品名:声しか見えない

上演年:2004

作品概要:元新聞記者のヤブさんは、妻に先立たれ60代半ばで独り暮らし。やがてヤブさんの目に異変が起こる。右目で見える像と左目で見える像がブレ始め、二つの像はとうとう独立してしまったのだ……。ヤブさんから見れば娘の佐和子も2人、娘婿でかつての部下の松木も2人……。事態にうろたえたヤブさんは、なんとか収拾を図ろうと自分に言い聞かせ、ついに余計に見える像を消すことに成功するのだが、消されたのは本物の佐和子と松木のほうで、ヤブさんの目に残されたのは、ホームヘルパーの男女だった……。 介護する側ではなく、呆けていく本人の視点で「痴呆症と介護」の問題に切り込んで描き、現代の家族の在り方を見つめる。

Japan Digital Theater Archives(JDTA)掲載