1. HOME
  2. えいぞう
  3. 一跡二跳/平面になる
えいぞう

一跡二跳/平面になる

えいぞう

49

分野:演劇

                 

上演団体:一跡二跳

作品名:平面になる

上演年:1998

作品概要:舞台は全面、激しく急な斜面。それはリビングの床だ。その家に一人、また一人と家族が戻ってくる。どうやら家族はバラバラに暮らしていたらしい。集まった家族は激しく傾いたその床にテーブルや椅子を釘で打ちつけ、重力に逆らい、滑り落ちそうになるのを堪えながら、なんでもないことのように団欒の準備を始める。誰かを待っているのだ。やがて最後の家族の一人が現れる。それは友達を殴って「傷害致死」で少年院に入っていた末の息子だった。――傾斜30度という巨大な滑り台上の舞台を劇場に出現させ、急斜面上で展開する、少年犯罪を犯してしまった「家族の再生」の物語。

Japan Digital Theater Archives(JDTA)掲載