1. HOME
  2. えいぞう
  3. 木佐貫ダンスオフィス/TOO BRIGHT TO SEE,TOO DARK TO SEE.
えいぞう

木佐貫ダンスオフィス/TOO BRIGHT TO SEE,TOO DARK TO SEE.

えいぞう

61

分野:舞踊

                 

上演団体:木佐貫ダンスオフィス

作品名:TOO BRIGHT TO SEE,TOO DARK TO SEE.

上演年:2002

作品概要:姿が見える時の心、心が見える時の姿…というようなダンスを目指す。 常に、一人で踊ること、ソロダンスというものについて考えている。 80年初頭に開始した頃、私はいつも不自由さだけを感じていた。 たった一言の台詞がないことやそこに私のカラダを支える誰かがいないことを。 ソロダンスが「意味を背負って一人で立つ」ことだとようやく分かり始めたのが、この「TOO BRIGHT TO SEE, TOO DARK TO SEE.」というダンス。 ようやく不自由さを受け入れられるようになったのもこの作品から。 世田谷パブリックシアター/シアタートラムの「独舞シリーズ」の一つとして自分の持つ知恵と情と熱を振り絞り注ぎ込んだ作品である。

Japan Digital Theater Archives(JDTA)掲載