1. HOME
  2. えいぞう
  3. ダンスカンパニーノマド〜s/Standing スタンディング〜赤い紙
えいぞう

ダンスカンパニーノマド〜s/Standing スタンディング〜赤い紙

えいぞう

11

分野:舞踊

                 

上演団体:ダンスカンパニーノマド〜s

作品名:Standing スタンディング〜赤い紙

上演年:2003

作品概要:第一部 静寂な夜の部屋。しかしここはどこなのだろう。整然とした散乱があたりを支配している。 略奪? 偽装現場か? 見えない塵がうず高く積もって層を成し、その一部がこちらを向いている。 一人また一人と登場人物は何かを抱え踊り始める。頻繁に上体が折られ、足の間や膝下に手が行き交う。 次第にダンスは自身を曝出し、虚ろな地上を撃つ強さでほとばしる。 第二部 冒頭ソロが始まる。デュオからトリオ、さらに展開していくシーンは、厳しい内省的な踊る意志が 空間と身体と音楽を見いだした。そのダンスは絶望と歓喜、悲哀に満ちながらも鮮やかな希望を照らす。 この計り知れない世界に個の立つ場所はあるのだろうか。 ベートーヴェン、交響曲第九番四楽章。 この音楽の構築性、それを貫く驚異的な想念と変幻自在な美しさが、世界と我々をふるわせる。 ラストシーン、孤独がいっぱいつまった賑わいの群が惰眠を破る。

Japan Digital Theater Archives(JDTA)掲載