1. HOME
  2. えいぞう
  3. ナイロン100℃/わが闇(再演)
えいぞう

ナイロン100℃/わが闇(再演)

えいぞう

54

分野:演劇

                 

上演団体:ナイロン100℃

https://sillywalk.com/nylon/index.html

作品名:わが闇(再演)

上演年:2013

作品概要:「大切なのは、この人達がこれから先も生きていったってこと──」
三姉妹の〝光と闇〟を描く、ナイロン100℃家族劇の傑作!
1976年。小説家・柏木伸彦(廣川三憲)は伯母から家を譲られ、妻・基子(松永玲子/2役)、7歳の長女立子(犬山イヌコ)、5歳の次女艶子(峯村リエ)、2歳の三女類子(坂井真紀)と御五色村に転居した。そこに伸彦のファン、三好(三宅弘城)が転がり込む。
立子は10歳で文壇にデビューし才能を開花させる。一方、基子は新生活に馴染めず別居。伸彦から離婚を切り出され自殺する。半年後、信彦は交際する志田潤(長田奈麻)と入籍した。
2007年。柏木家に伸彦のドキュメント映画撮影で映像作家の滝本(岡田義徳)と助手の大鍋(大倉孝二)が訪れる。家には寝たきりの伸彦、立子、三好、艶子と夫の寅夫(みのすけ)。そこへ女優になり、失踪騒ぎを起こした類子が戻ってくる。
さらに編集者・皆藤(長谷川朝晴)と妹みどり(皆戸麻衣)、プロデューサー・飛石(松永/2役)と部下の田村(喜安浩平)、潤と再婚相手(吉増裕士)が出入りする中、三姉妹の思いが明らかになっていいく──。

Japan Digital Theater Archives(JDTA)掲載