1. HOME
  2. えいぞう
  3. 竹生企画/ブロッケンの妖怪
えいぞう

竹生企画/ブロッケンの妖怪

えいぞう

232

分野:演劇

                 

上演団体:竹生企画

作品名:ブロッケンの妖怪

上演年:2015

作品概要:竹中直人×生瀬勝久 個性派俳優の激突再び!! 人気劇作家・倉持裕が書きおろす 笑いと怪奇が入り混じるホラーコメディ ある秋の日の午後。絵本作家の打越(竹中直人)と担当編集者の黒柳(生瀬勝久)、そして、打越の放浪癖と浮気性を心配する恋人の桃(安藤聖)が、高地にある大きな湖の真ん中に浮かぶ小島を訪れていた。そこには城のような洋館が建っており、それが島の敷地のほとんどを占めている。 霧の濃い日はその霧に洋館の影が映り、湖の上にもう一つの洋館が現れるという。「ブロッケン現象」と言われるものだ。霧に映った洋館の影を虹が囲む、その美しい光景を、打越たちは取材にきたのだった。 洋館には日ノ原虹子(高橋惠子)という女主人と娘の小真代(佐々木希)、使用人の若い男・稲井(大貫勇輔)が暮らしていた。他に、生活に必要な品を本土から運んでくる船乗り・泊(田口浩正)も出入りしている。 会話や態度に、どこかしらギクシャクしたものが感じられる日ノ原家の人々。 不審に思う打越と黒柳らは、嵐の夜にこの洋館と家族を巡る、驚くべき秘密に遭遇することになる。 全てを手放そうとする者と、一つとしてこぼすまいと抱え込む者———霧に包まれた孤島で様々な人間模様が繰り広げられる。

Japan Digital Theater Archives(JDTA)掲載

     

配信可能作品

配信プラットフォーム:未定