1. HOME
  2. えいぞう
  3. 悪魔のしるし/わが父、ジャコメッティ
えいぞう

悪魔のしるし/わが父、ジャコメッティ

えいぞう

71

分野:演劇

                 

上演団体:悪魔のしるし

https://www.akumanoshirushi.com/

作品名:わが父、ジャコメッティ

上演年:2014

作品概要:20世紀美術史に大きな足跡を残した芸術家、アルベルト・ジャコメッティ。極限まで切り詰められた痩身の塑像でよく知られているが、同時に多くの肖像画も残している。そのモデルとなった人たちの中に一人の日本人がいた。 彼こそ矢内原伊作、ジャコメッティとの濃密な対話すべてを記録に残した男である。本作品では、伊作の残した対話記録を基盤としつつも、更にその上に別の層、とある父と子――すなわち演出家である危口(木口)統之とその父、齢70を越えた洋画家である木口敬三――の物語が重ね合わされることになる。2017年急逝した、パフォーマンス集団「悪魔のしるし」主宰危統之の代表作。

Japan Digital Theater Archives(JDTA)掲載

     

     

クレジット:デザイン:宮村ヤスヲ