1. HOME
  2. えいぞう
  3. 柿喰う客/柿喰う客フェスティバル2017『無差別』
えいぞう

柿喰う客/柿喰う客フェスティバル2017『無差別』

えいぞう

56

分野:演劇

                 

上演団体:柿喰う客

作品名:柿喰う客フェスティバル2017『無差別』

上演年:2017

作品概要:穢れた家に生まれ育った族谷狗吉(長尾友里花)は、新たに生まれた妹・狗子(齋藤明里)を穢れから救い出し、自身は人間として生きたいと願った。 楠木に宿る魂、大楠古多万(原田理央)は、かつて人間であった祟り神、天神様(今井由希)より、自らが「神」となったことを伝え聞く。 山に棲むモグラの一族には、手の無い娘(浅場万矢)が生まれ出で、真徳丸(葉丸あすか)と呼ばれる乞食が、自らの命を舞い踊る時、西の空には巨大な「茸の神」が降臨する。 「神も、仏も、獣も、人も…」 戦後日本の思想転換を題材に描き出す、おぞましい因果の物語。 第57回岸田國士戯曲賞最終候補作品、7名の女優による魂のリバイバル。穢れた家に生まれ育った族谷狗吉(長尾友里花)は、新たに生まれた妹・狗子(齋藤明里)を穢れから救い出し、自身は人間として生きたいと願った。 楠木に宿る魂、大楠古多万(原田理央)は、かつて人間であった祟り神、天神様(今井由希)より、自らが「神」となったことを伝え聞く。 山に棲むモグラの一族には、手の無い娘(浅場万矢)が生まれ出で、真徳丸(葉丸あすか)と呼ばれる乞食が、自らの命を舞い踊る時、西の空には巨大な「茸の神」が降臨する。 「神も、仏も、獣も、人も…」 戦後日本の思想転換を題材に描き出す、おぞましい因果の物語。 第57回岸田國士戯曲賞最終候補作品、7名の女優による魂のリバイバル。

Japan Digital Theater Archives(JDTA)掲載