1. HOME
  2. えいぞう
  3. Co. Ruri Mito/Matou
えいぞう

Co. Ruri Mito/Matou

えいぞう

8

分野:舞踊

                 

上演団体:Co. Ruri Mito

http://rurimito.com

作品名:Matou

上演年:2021

作品概要:三東はときに「怪物的なダンサー」と称される。繊細にして強靭。細胞の一つひとつを意識的に使った完璧な身体コントロールをもちながら、絶えずそれを凌駕する熱量のエネルギーがあふれ出してくるのだ。舞踏とは違うが、三東もまた重力を自らの力として踊るタイプのダンサーである。およそ通常の生物とは作動原理が違う。まるで体内に他の生き物が何匹も巣くっているような、予想のつかない動きの連続で、目を離すことができない。
タイトルの「Matou」は、日本語の発音では様々な意味がある。「着用する」「絶えずそばに置く」「からみつく」などなど。三東自身は「人生を全う(まっとう)するために、踊り続けることを運命づけられた作品」とも言っている。たしかに2015年に初演されて以来、この作品は世界各国で上演され、数々の賞を獲得してきた。そのたびに深まり、幾度も観客を魅了してきたのである。
そこに物語はない。だが三東の身体には、どの瞬間にも止まることのないドラマが起こっているのだ。

<広報文>乗越たかお

Japan Digital Theater Archives(JDTA)掲載

     

配信可能作品

STAGE BEYOND BORDERS

     

クレジット:©matron2021