1. HOME
  2. えいぞう
  3. 大河内直子/清水邦夫 /楽屋~流れ去るものはやがてなつかしき~
えいぞう

大河内直子/清水邦夫 /楽屋~流れ去るものはやがてなつかしき~

えいぞう

46

分野:演劇

                 

上演団体:大河内直子/清水邦夫

https://ae-on.co.jp/unrato/

作品名:楽屋~流れ去るものはやがてなつかしき~

上演年:2021

作品概要:楽屋~流れ去るものはやがてなつかしき~
『楽屋』は清水邦夫氏の代表作で、日本で最も多く上演されている戯曲といわれる。チェーホフの『かもめ』や『三人姉妹』、シェイクスピアの『マクベス』、三好十郎の『斬られの仙太』などの戯曲をはじめ、さまざまな文学作品の言葉がふんだんに引用されている。登場人物は『かもめ』のニーナ役の女優と、その上演中の楽屋に住み着く女優だった幽霊の4人。名セリフの引用は、名作へのオマージュであるとともに、女優たちの腕くらべの様を呈し、演じ手や見る者を惹きつけて止まない。役に固執する女優たちの姿は、なぜ演じるのか、なぜ生きるのかという作者の問いかけでもあろう。本映像は、蜷川幸雄の演出助手を務めていた演出の大河内直子とプロデューサーの田窪桜子による演劇ユニット、unratoの企画の公演。バックグラウンドの異なる女優たちの競演が見どころのひとつだ。

Japan Digital Theater Archives(JDTA)掲載

     

配信可能作品

STAGE BEYOND BORDERS