project
事業概要

下記事業について、一部を<本部モデル事業>としておこなうと同時に、各ジャンルでご協力いただく団体(業界団体・放送局・配信プラットフォームなど)を<協力団体>として公募で募ります。

1.事業名 

「緊急舞台芸術アーカイブ+デジタルシアター化支援事業」
(文化庁令和二年度戦略的芸術文化創造推進事業「文化芸術収益力強化事業」)

 
 

2.事業趣旨

本事業は、舞台芸術等を支援し、収益力強化に寄与することを目的としています。新しい生活様式の中、舞台芸術のオンライン鑑賞は有効な選択肢としてその存在感を増しています。
そこで、本事業では、主催団体の協力を得て新旧の公演映像などを収集、配信できるようにします。権利処理を行い、映像を広く活用しやすくするとともに、関係者に対価を還元します。
『Japan Digital Theatre Archives 2020(ジャパン デジタルシアター アーカイブス(仮)』を公開します。多数の作品情報を検索可能にすることで、新たなマッチングチャンスを創出します。舞台作品がアーカイブされることで、上演時に立ち会えなかった人々にも映像による鑑賞機会をもたらし、次なるクリエイターたちを刺激して、将来に向けて舞台芸術の魅力を伝えていきます。
本事業の一部を<本部モデル事業>としておこなうと同時に、各ジャンルでご協力いただける団体(業界団体・放送局・配信プラットフォームなど)を<協力団体>として公募で募ります。我々の協力のもとで、協力団体にて映像の収集・制作・配信などを進めていただくことを想定しています。公募事業規模は、約5億円強を予定しています。
芸術は、私たちに生きる力をもたらします。舞台芸術の裾野を広げ、未来に繋げ、文化と共に生きる社会を作ることが、本事業の目指すところです。
 
 

3.事業の内容

(1)公演収録・既存の公演映像の配信可能化事業

演劇・舞踊・伝統芸能の分野において、過去の貴重な公演映像を収集し、デジタル保存をします。新たな上演作品の撮影・編集技術、および経済的な支援を行い、デジタル保存を進めます。新規収録・過去映像ともに、配信のための権利処理ができる作品については、権利処理を専門家がサポートし、商用配信プラットフォームでの活用を促進します。なお、映像等の収集および配信可能化にあたっては、主催者・権利者等へ協力対価および権利対価をお支払いします。
【10月15日追記】公演については、2020年7月1日以降に収録の作品を新規公演扱いにするよう変更いたしました。詳しくは、仕様書(10月15日更新版)をご確認ください。2020年7月~10月に収録の作品を想定していた方は、様式2-(1)の10月15日更新版を改めてダウンロードして下さい。
 

(2)スタッフ技術のEラーニング動画の制作、教育連携事業

舞台芸術分野の技術スタッフ入門者を対象として、7つの部門(舞台監督・演出部・ドラマターグ/照明/音響/美術・大道具/衣裳・メイク/映像/プロデューサー・制作)のEラーニング動画を制作し、また、戯曲や舞台美術に関する資料等を収集します。師匠に出会えなければ開かれなかった門戸を少しだけ広げ、貴重なノウハウの伝承に努めます。
 

(3)アーカイブサイト『Japan Digital Theatre Archives 2020(仮)』の公開

アーカイブはデジタルアーカイブに実績のある早稲田大学坪内博士記念演劇博物館におかれます。舞台映像や諸資料を集約し、横断的検索が可能になることで、劇場・カンパニーと配信事業者や新たなビジネスパートナー、そして観客との新しい出会いをもたらします。作品データやカンパニー紹介を日本語・英語の二か国語とすることで、ポストコロナにおける海外の舞台芸術マーケットに日本の舞台をアピールします。
 
 

4.事業実施期間、採択予定件数

事業期間:契約締結後(11月上旬を予定)から2021年2月26日(金)まで

※ただし、(1)における事業のスケジュールについては、業務フロー(各種書類ページよりDL可能)を参照のこと

事業規模:513,000,000円(税込)
採択予定件数:17件程度
      (1):演劇部門10件 舞踊部門2件 伝統芸能部門2件
      (2):3件
 
 

5.企画提案を行う団体の要件

・原則として法人格を有すること。法人格がない場合は、定款、寄付行為またはこれらに類する規約等を有すること。
 (実行委員会など、法人格のない団体の場合は、中核となる団体は法人格を有すること)

・団体等の意志を決定し、執行する組織が確立されていること
・自ら経理し、監査する等、会計組織を有すること
・拠点となる事務所を有していること
・予算決算及び会計令第70条の規定に該当しない者であること
 
 

6.選定方法

提出された企画提案書及び所定の書式によって提出された団体概要等に基づき、本法人が設置する審査会に諮り、別途定めた審査基準によって審査の上選定する。審査結果は、2020年11月上旬に通知を予定しています。
 
 

7.説明会の開催

2020年10月12日(月) 13:00~15:00(オンライン説明会)

※オンライン説明会は終了しました。

 
 

8.エントリー(応募の意思表明)の提出

2020年10月15日(木) 12:00〜2020年10月22日(木) 17:00
※公募に参加の意思表示を本サイトのエントリーフォームから申し込むこと。
エントリーは締め切りました。
 
 

9.企画提案書の提出方法等

協力団体の応募は締め切りました。